2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.16 (Wed)

東日本大震災によせて

このたびの東日本大震災にて被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
また、お亡くなりになられた方々、親しい方を亡くされた方々にも、謹んでお悔やみ申し上げます。
心中いかばかりか、と悲痛な気持ちです。

(※このブログは主に京都在住の方を想定して書かせていただいております)


このたびの震災で、日本中で「いのちのありかた」ということを強く考え直さねばならないようになると思います。
まずは自分の身の回りから。

親御さんにとって、小さなお子様の安全は一番気にかかることだと思います。
緊急連絡先、避難先、家族との連絡体制などは、もう一度各自でご確認くださり、園や学校との情報共有が必須です。
また、日によってお仕事先が違う場合や、外出される場合のお預かりなども、必ず連絡先をお伝えいただく必要がありますね。

今回、メールやツイッターといったツールが非常に役にたっています。
まだまだ私的ツールの印象がぬぐえませんが、これからは、正確な連絡先のひとつとして、有効活用できるような態勢が求められます。



おうちで過ごされているご家庭も多いと思います。
TVの映像は、あまりに衝撃的で大人でも、目を覆いたくなります。
お子様のいらっしゃるご家庭では、なるべくTVはつけないようにしてあげてください。

また、心の防衛反応としても、津波ごっこや避難ごっこをするということがあります。
そうやって心の平穏を取り戻しているのです。
その際は、決して批判的にならず、見守るようにしてください。
一緒に遊ぼうと言われた時は、過剰な演出をせず子どもさんのしたいことをサポートするという形で遊んであげてください。

我が家の子(3才3か月)も、電車の脱線を消防車が助け、高台に避難させるという遊びをしていました。


子どもたちの笑顔は、いつの時代も希望そのもの。
それによって大人も元気がでます。

今こそ、優しい気持ちと知恵をもった人間を育てることが、私たち大人の使命だと思います。
すでに、ツイッターやミクシィなどでは、全国の子どもたちの心温まるエピソードが寄せられていました。

一緒に、模索しながら歩みましょう。


なお、今後ご親戚の方などが京都に移り住まれたり、一時的に疎開されてきた場合などに保育が必要になることもあると思います。
はいびすかすKIDSでは、その体制を整えられるよう検討中です。
まずは、ご相談ください。







関連記事
09:48  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://hibiscuscare.blog56.fc2.com/tb.php/91-9a7fd95f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。